袖ヶ江マスターの飛鳥Ⅱ見学記・・・エレベーターで11階へ・・・眺めは最高・・・プールも

11階でエレベーターを降りると、ビスタラウンジがあります。船首部分の広いラウンジで、ガラス張りのウインドウからの眺めは最高です。
画像


画像


画像


この前方のデッキに出ると、船首が見えます。
この眺めは操舵室からの眺めと同じ(このデッキの下が操舵室なので)だそうです。
画像


映画「タイタニック」の二人のように、船首であのポーズができますかと尋ねたら、「私もそれができると思っていたのですが、あの部分は機関部のスタッフ以外立ち入り禁止で、入れないのです」ということでした。
デッキのサイドに廻り下を見ると、少し突き出た部分がありました。
そこは、船長が出発前、乗客の最終乗船を確かめる場所とか・・・・確かに操舵室のすぐ横でつながっています。
画像

画像

ビスタラウンジの外側をぐるっと回り再び船内に入りましたが、このそばには和室の部屋があり、お茶や、囲碁などができるそうです。
画像

画像

ビスタラウンジでは、3時の喫茶の用意がされていて、美味しそうなクッキーなどが並べられていました。
画像

そこから、船尾のほうへ行くと、カフェ、レストラン(ロイヤルスイート客専用)、和食レストランなどがありました。
それらを見学したのち船尾側の外に出ると、プール(シーホースプール)があります。
想像していたより小さめのプールでしたが、優雅な船旅を思えば、最高のプールかもしれません。
画像

画像

しかもこのプール、海水です。
各寄港地の海の水を入れているとのことで、カリブではカリブの、此処金沢では金沢の海水をくみ上げて入れているそうです。

さていよいよ、船内見学も終わり日数きました・・・・・続く。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック