袖ヶ江マスター四国の旅~美馬市脇町へ。その前に美しい入り江を・・・・・

北陸はまだ梅雨入りしません。このままだと、梅雨入り宣言と梅雨明けが同時になるような気がします。(^◇^)

大毛島民宿の朝は快晴で、海の色も美しくいい一日になりそうです。
画像

高台にある民宿から少し坂道を下り高速道路の下をくぐるとウチノ海の入江が目の前に見えます。
画像

画像

青い空の下に湖のような入江の姿は少し肌寒さもあってかさわやかに見えます。
堤防に沿ってぐるっと歩いていくと、ひっそりとした趣のある民家があり何か懐かしい気持ちになります。
画像

周囲には全く人影はなく、係留された漁船が時折波に揺らいでいます。
画像

堤防の切れたところに時季外れで営業していないカキ小屋らしきものがありその建物の前の水槽には、多くのホタテ貝の貝殻が入っており海水が注がれています。
画像

入り江には、牡蠣貝らしきものを養殖しているらしい筏が見られましたが、ホタテの貝殻が何故あるのか不思議でした。
画像

後ほど民宿の人に訪ねると、ホタテの貝殻に牡蠣の種を植え付けて養殖しているとのことで、ホタテの貝殻は東北のほうから入れているとのことでした。
しかし、なかなか思ったように養殖はできていないとか……
人影がないので近辺には誰も住んではいないような気がしていましたが、犬の姿を見つけ、しかも野良犬らしくはないので近くに住人がいるようです。
早朝なので、しかも土曜日ということで作業していないからでしょうか。
画像

係留されている船の近くに行くとクラゲの姿が・・・・・こうしてみると意外にきれいに見えます。
画像

もと来た道を戻りつつしばらく周囲を散策しながら朝食をとるため民宿に戻りました。
画像

朝食を終え、清算して、民宿の車で高速鳴門の傍のレンタカーのお店まで送ってもらい、さて、この日の目的、脇町の散策へ向かうのですが・・・・・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック